RSS | ATOM | SEARCH
ワインを自分で選べるようになるための第一歩とは?
レストランに行ってワインをオーダーしたい時、

分厚いワインリストを常備する高級レストランでなくても、

最近はワインを豊富に揃えるお店が増えましたよね?



レストランやワインショップなどで

自分でワインを選んで失敗した経験ありませんか??



自分好みのワインをできるだけハズレ無しに選ぶ方法があるんです。

それは・・・



自分の好きなぶどう品種を覚えることです!



ワインに興味が出始めたら、

まず必ずやっていただきたいことは、

飲んだワインのぶどう品種をチェックすること!



ワインの味わいは、その土地の気候、造り手の腕など、

様々な要素で決定しますが、

基礎的な味わいや香りを決定するのはぶどう品種なのです。



だから、自分の好きなぶどう品種の名前、嫌いなぶどう品種の名前を覚えると

自分好みのワインが選べるようになります。



ワイン伝統国であるフランスでは、

ワインの名前にブドウ品種ではなくワイナリー名を付けることが多いのですが

ワイン新興国であるアメリカ、オーストリア、チリなどは、ぶどう品種名をワイン名にします。



例えば、私は赤ワインでは「ピノ・ノワール」という品種が好きなので、

ワインショップやレストランのワインリストを見て、

「ピノ・ノワール」と書かれたワインを選ぶと大きく好みとハズれることが無いのです。



好きなぶどう品種が見つかると、

もっともっとワインが楽しくなりますので、

みなさんも好きなぶどう品種をぜひ見つけてください♪



えっ?どんなぶどう品種があるって??

主なぶどう品種の特徴はまた次の機会に!


JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ぶどう品種, 19:23
-, -