RSS | ATOM | SEARCH
ワイン名によくある「ドメーヌ」って何?
今日は久々にワイン用語のオハナシ。



 レストランのワインリストやワインショップなどで、

「ドメーヌ ○○○」というワインを見かけませんか?



この「ドメーヌ」って何のことでしょうか??



ドメーヌとは、英語のドメインと同じ語源のフランス語で領域という意味で、

ぶどうを自家栽培するワイン醸造所のことです。

以前、ご説明した「シャトー」に近い意味合いを持ち、

瓶詰めから出荷まですべて自分のところで行う造り手のことです。


ドメーヌは、シャトーよりもやや小規模なところが多いようです。



フランスの銘醸地で言うと、ボルドー地方はシャトーを、

ブルゴーニュ地方はドメーヌを使います。




というわけで、「ドメーヌ○○」は、

「○○ワイナリー」というような意味合いで理解しましょう。



ちなみに、かの有名なロマネコンティの生産者は、

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティと言うんですよ!

author:おーみん(大西タカユキ), category:ワイン用語辞典, 11:16
-, -