RSS | ATOM | SEARCH
冬の家庭料理の定番「ぶりの照り焼き」に合う意外なワインとは?
ぶりは、成長に合わせてその呼び名を変える出世魚。

縁起がいいので、関西ではお正月に欠かせない食材です。



さて、このぶりを使った定番家庭料理、

ぶりに照り焼きにワインを合わせるとしたら、

どんなワインが合うでしょう??



お魚だから白??



いえいえ、実は意外ですが赤ワインの方が合うんです。

ワインと料理は、味わいの濃さのバランスを合わせることが重要。



だから、常々お話ししているように、

赤ワインは肉料理、白ワインは魚料理を合わせるというのは間違い!!



さて、ぶりの照り焼きの場合は、

醤油やみりんを使うので味わいは結構濃厚。

だから、白ワインを合わせるという白ワインが負けて存在感が無くなってしまうことが多いです。



なので、赤ワイン!

赤ワインでも濃いものではなく、

いわゆるライトボディタイプの軽くて飲みやすいものがバランスが良いでしょう。



和食だけに、日本固有のぶどう品種である、

マスカットベリーAを使った日本のワインなどはフルーティーで飲みやすいのでピッタリですが、

スーパーなどで販売されている赤・ライトボディと書かれたお手頃なワインならだいたい合うと思いますよ!

マスカットベリーAのワインとは…



author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 20:54
-, -