RSS | ATOM | SEARCH
缶?ソーダ割り??ホット???ワインの色々なカタチ。
缶ワインいや〜、最近風邪をこじらせて、

咳、鼻づまり、微熱とサイアクなコンディションではありましたが、、

ヒルトン大阪で開催された酒類卸の日酒販さんの展示会に参加してきましたっ!



独立後初めてのプロ向け展示会とあって、

どんなワインに出会えるかワクワクしながら会場に入ると、

まず、目に入ったのが缶ワイン!!



前から気になっていたので、早速試飲!

まずは、スパークリングの白から・・・

「ん??」



ウマい・・・



今まで飲んだことのある缶ワインは、薄っぺらくて甘ったるくて

とても”ワイン”としては楽しめないものばかりだったのですが、、

これはフレッシュ感もあり、フルーティーで本当に美味しい!



ちょっと驚きでしたが、

その他、白ワインも赤ワインも美味しいんです。



ワインの原産国はオーストラリアで、

「缶なのにプレミアム」というキャッチを使っているだけあって、

ワインの中身(品質)に力を入れていました。



そして、もうひとつ、缶ワインの問題点である、

缶の香りがワインに移ってしまうことを排除した特許を使っているのがかなりいい!

気になる缶の香りは一切なく、ボトルワインを開けた時のような味わいで楽しめます。



とくに、一人暮らしの方や、少量軽く飲みたい時には、

冷蔵庫から缶ワインを出してグラスに注ぐ・・・

ちょっとオシャレなワインの愉しみ方だなぁと思います。



缶ワインの他にも・・・

__.JPG


これは、ワインのソーダ割り!

いわゆる、スプリッツァーというカクテルと同じ。

とにかく飲みやすく、アルコール度数も6〜7度なので、気軽に飲めるワインカクテル。



ラベルのカラーもオシャレで、

「シュシュ」というネーミングはチャーミングですね。

ホットワイン

あと、冬場にたま〜に問い合わせのある、

ホットワイン!!



ホットワインは普通のワインから自分で作ることもできますが、

やはり面倒なんです。。

でも、こういうホットワインがあったのですね〜



テイスティングしましたが、ほんのり甘くて暖かくて、

ものすごくカラダがあったまる!

冬の寒〜い日の1杯目にはおもしろいかも。



その他にもいろいろなワインをテイスティングしましたが、

今日は、本当に良い勉強になりました〜。



とくに、缶ワインには驚き!

こういう、品質が良くて新しいワインライフの提案になるようなものを中心に、

これからもいろいろなワインを発掘して紹介していきたいと思います。



こうしていろいろなワインに出会って家に帰ると、

驚くべきことに、熱も下がり、体調が回復していました。。



まさに、酒は百薬の長だ。。


JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 22:28
-, -