RSS | ATOM | SEARCH
私のレベルでは太刀打ちできないなぁ・・・と感じる鋼鉄巨人ワイン。
ワインを学ぶ上で、どのワインショップにも置いてあるような、いわゆる高級ワインを知ることはとっても楽しいものです。

今まで見ても分からなかった銘柄が分かるようになっていくのはとてもうれしいですし、

憧れのワインを実際に見るのってとってもワクワクします!



本日は、超有名高級ワインのオハナシです。

そのワインの名は、

「シャトー・オーゾンヌ」!!




シャトー・オーゾンヌの相場は・・・



ヴィンテージ(生産年)によっては10万円をゆうに超える赤ワインで、

フランスの銘醸地ボルドーの右岸にあり、

世界遺産でもあるサンテミリオンで生産される銘酒シャトー・シュヴァルブランと並んで2大巨頭のひとつ。



オーゾンヌという名は、4世紀にこの地に住んでいたと言われる詩人

「アウソニウス(フランス読み・オーゾンヌ」にちなんでいます。

1970年代前半までは低迷していましたが、ここ最近の品質向上は目覚ましく、価格もビックリするくらい高騰しています。



さて、このワイン、幸い私は前職でフランスを訪問した際に実際にシャトー・オーゾンヌを訪問して

何度か飲んだことがあるのですが、

不思議なことに何度飲んでも美味しいと思えないんです。。



若いヴィンテージを口にすると、圧倒的な緻密で硬質な味わいがどっと押し寄せてきて

凄まじい存在感を感じます!

そして、何よりも驚くのがそのミネラル感!

※ 参照記事: これが分かればワイン通?ワインに感じるミネラル感とは??



なんちゅー硬いワインだ〜〜〜と叫びたくなるくらいの鋼鉄ワインで、

ミネラルをかなり感じるんです。

確かに個性的で、他にこんなワインは飲んだことがない・・・



とてつもないポテンシャルを感じる偉大なワインなのですが、

今まで飲んだワインの中で唯一、

私のレベルでは太刀打ちできないなぁ・・・と感じている鋼鉄巨人ワインです。



しばらく飲んでいないので、その間の自分の成長を試すために再チャレンジしたいのですが、

いかんせん、価格が高過ぎるし機会がない・・・



JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:憧れの高級ワイン, 07:59
-, -