RSS | ATOM | SEARCH
チリで発見された、フランスで一度絶滅したと思われていた幻のぶどう。
ぶどうにまつわるちょっとフシギなお話。



私の好きな赤ワインに、チリのカルメネールがあります。

チリワインは、ぶどう品種をワイン名にすることが多いのですが、

やはり、このカルメネールもぶどうの品種名です。



このカルメネールというぶどう品種は、

とても濃厚で緻密な丸みを帯びた赤ワインを生み出し、

個人的にその味わいが大好きなんですが、ちょっとおもしろいお話があるんです。



実は、このカルメネールというぶどう品種はフランスの銘醸地ボルドーで広く栽培されていましたが、

ボルドーの気候と合わず、次第にその姿を消していき、トドメは害虫被害によって絶滅したと思われていました。



しかし!!



なんと、絶滅前に遠く離れたチリに持ち込まれており、

生き残っていたのです!



チリでは、長い間メルロー種と間違われていましたが、

チリのメルローには2種類の味があるのでは?ということで調査した結果、

カルメネールであることが判明したのです!!



チリは気候条件が良いのでカルメネールがよく育ち、

高品質なワインを生み出していて、今ではチリを代表するぶどう品種に成長しています。

カルメネールもコストパフォーマンスが良いですし、これから秋の季節にピッタリの赤ワインです!



幻のぶどうから造られたワイン、ロマンがありますね!

カルメネールのワインをチェックするならこちら!





JUGEMテーマ:ワイン


author:おーみん(大西タカユキ), category:ぶどう品種, 10:55
-, -