RSS | ATOM | SEARCH
コルクの長さのヒ・ミ・ツ♪
コルクワインのコルク、結構好きなんです。

ワイナリーの刻印が入っていてちょっとアートな感じがしますし、

インテリアにも使えるなぁ〜って思います。



以前、テレビでオシャレな家を紹介していて、

ワインのコルクをうまくディスプレイしていました。



それがとっても印象的で、

私は大きい和皿にお気に入りのワインのコルクを盛って、

玄関に飾りたいなぁ〜って考えています。



さて、このワインのコルク、

長さにちょっとしたヒミツがあるんです。



実は、、、

一般的に高級ワインほどコルクが長いと言われています。

そしてコルクの質もツヤがあって素材が緻密なんです。



なぜかって??



それは、良い熟成をさせるため!

高級ワインほど長期熟成をさせてから飲みます。



そのためコルクが短かったり、質が悪いと空気に触れる確率が増えて酸化するスピードが早くなり、

長期熟成に向かないので、高級ワインは良質の長いコルクが使われるのです。



逆に、ボジョレーヌーヴォーのような早飲みワインのコルクはどうでしょう??



長期熟成する必要が無いのですごく短いものが使われています。

次、ワインを抜く機会があればコルクにも注目してみてください。

コルクにも何気ない配慮があるんですよ〜!


JUGEMテーマ:ワイン


author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 17:49
-, -