RSS | ATOM | SEARCH
残ったワインのもうひとつの楽しみ方。
以前書いた記事で、

長期的に人気のある記事があります!



その記事とは、、

「ワインは開けたら何日ぐらいもつの?」

という記事。



たしかに、ワインを一度開けてしまうと、

いつまで美味しく飲めるんだろう?っていうのは、

多くのワインラヴァーが抱えている疑問のようです。



さて、その記事でも少し書きましたが、とってもおもしろいことに、

抜栓した日に美味しくなかったワインを冷蔵庫で保管して、

翌日飲んでみると、抜栓した日よりも美味しかったということがよくあるんです!



抜栓して残ったワイン、

2日目、3日目の方が楽しめるワインには、

いくつか法則があります。



まず一つ目は、香りが弱く、あんまり美味しくなかったもの。

これは、飲み頃が早過ぎた可能性もあるので、

酸素に触れて熟成が進んだ2日目以降に期待です!



二つ目は、とにかく濃い赤ワインで、渋過ぎるもの!

この場合もまだまだ熟成させて飲むべきワインなので、

2日目、3日目以降に味わいが落ち着いてやたら美味しくなることがあります!



逆に、抜栓した当日、香りも素晴らしく、美味しい〜

って思えるものは、すでに飲み頃ですので、

2日目以降は酸化することでワインがくたびれてしまいますのでご注意を!



ワインは抜栓したらその日中に飲んでしまう必要はありません。

もっともっと柔軟に考えて、2日目以降の楽しみ方が分かってしまえば、

ワインライフがさらに充実しますよ!



ちなみに、一度抜栓したワインは、バキュヴァンで保存しましょう!

ワインが長持ちしますので!
JUGEMテーマ:ワイン


author:おーみん(大西タカユキ), category:便利なワイングッズ, 20:45
-, -