RSS | ATOM | SEARCH
野菜のお寿司とワインの繊細な組み合わせ!
去る4月22日、とても珍しいコラボレーション体験をしました!

それは、野菜寿しとオーガニックワインの組み合わせ!



ネタがすべて野菜という画期的なお料理を創り出した、六本木の野菜寿しポタジエさん。

そのお料理を食べた時に、衝撃を感じたのを覚えています。。

見た目で楽しめる上、かなり手の込んだ味付けになっていて野菜好きじゃなくても美味しくいただける!

野菜寿しとワインそんな野菜寿しとぜひ一度、

ワインを合わせてみたいということで、

世界初、野菜寿しでオーガニックワインを愉しむ会が

実現することになりました!



お料理は、この日のために特別に用意していただいた、

スペシャルランチコース。






野菜寿しとワイン【お品書き】

根パセリとマンゴーのスープ
(味わいが拡がるシャンパーニュに合わせて)

10種のちらし野菜 青菜マヨネーズ添え
(クリアなグリーンな香りのニュージーランドのソーヴィニョンブランに合わせて)

野菜寿し 一の皿
ホワイトアスパラ、エリンギ、里芋、人参、かんぴょう
(クリアなグリーンな香りのニュージーランドのソーヴィニョンブランに合わせて)

野菜寿し 二の皿 (写真はコレ!)
ごぼう、ペコロス、金美人参、紅芯大根、トマト
(繊細でピュアなブルゴーニュ・ポマールに合わせて)

デザート
ココナッツ薫る百合根のブランマンジェ パイナップルスープ
(口の中をリセットする心地良い酸味を持ったロゼ・シャンパーニュに合わせて)



お客様からいただいたコトバで一番嬉しかったのが、

「野菜寿しも、ワインも美味しかったけれど、

何よりも、組み合わせが素晴らしかった!」というお声。



ワインと料理を合わせるコツは、双方の味わいの濃さを同じくらいに合わせること。

だから、野菜の繊細な味わいに、

オーガニックワインの繊細な味わいが絶妙にマッチしたんですね!



自然の賜物である野菜がメインのお料理。

やはり、ピュアな自然を思いっきり感じることができるオーガニックのワインが合う!

これは、おもしろい発見でした!




JUGEMテーマ:ワインと料理の話
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 12:13
-, -
海ぶどうに合うワインなんてあるの??

今年は、沖縄に縁がある年。

すでに3回も沖縄に行っています。

そんな中で、先日バカンスで宮古島に行ってきました〜!



すでに海開きもしていて、

半袖一枚でも過ごせる暖かさ!

エメラルドグリーンの海、沖縄の食を満喫した旅でした!

EC20120430160721.jpeg



そして、いつも楽しみにしてるのが、

夕食後、ホテルの部屋のバルコニー呑み。

EC20120430161643.jpeg



海ぶどうを現地のスーパーで大量に買ってきて、

波の音を聴きながら海ぶどうをつまみに呑む!

__.JPG


実は、磯の香りのする海藻類は、

ちょっとワインに合わせにくかったりしますが、

海ぶどうにワインは合うのでしょうか??



今回は、海ぶどうに合わせて持参したシャンパーニュを合わせてみました!

これが、意外に合う!



不思議な組み合わせですが、

海ぶどうの塩味がシャンパーニュに隠れているほのかな果実の甘さを引き立たせる!

なかなかオモシロイ組み合わせでしたよ!



暑くも寒くもなく、

心地良い気温の中、

大好きなプチプチ海ぶどうと泡を愉しむ至福のひととき。



あぁ、宮古島に戻りたい…

EC20120430161419.jpeg



JUGEMテーマ:ワインと料理の話
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 16:18
-, -
冬の家庭料理の定番「ぶりの照り焼き」に合う意外なワインとは?
ぶりは、成長に合わせてその呼び名を変える出世魚。

縁起がいいので、関西ではお正月に欠かせない食材です。



さて、このぶりを使った定番家庭料理、

ぶりに照り焼きにワインを合わせるとしたら、

どんなワインが合うでしょう??



お魚だから白??



いえいえ、実は意外ですが赤ワインの方が合うんです。

ワインと料理は、味わいの濃さのバランスを合わせることが重要。



だから、常々お話ししているように、

赤ワインは肉料理、白ワインは魚料理を合わせるというのは間違い!!



さて、ぶりの照り焼きの場合は、

醤油やみりんを使うので味わいは結構濃厚。

だから、白ワインを合わせるという白ワインが負けて存在感が無くなってしまうことが多いです。



なので、赤ワイン!

赤ワインでも濃いものではなく、

いわゆるライトボディタイプの軽くて飲みやすいものがバランスが良いでしょう。



和食だけに、日本固有のぶどう品種である、

マスカットベリーAを使った日本のワインなどはフルーティーで飲みやすいのでピッタリですが、

スーパーなどで販売されている赤・ライトボディと書かれたお手頃なワインならだいたい合うと思いますよ!

マスカットベリーAのワインとは…



author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 20:54
-, -
生牡蠣に白ワインを合わせるホントウの理由。

生牡蠣には、

フランス辛口白ワインの代名詞「シャブリ」を合わせるというのが

一般的なセオリー。

値段はピンキリのシャブリ。




でも、生牡蠣とシャブリは、合うものもあれば合わないものもある。。。

ちょっと生臭くなる時があるんですよね。



生牡蠣とシャブリが合わないというのは、

かの有名な「美味しんぼ」でも取り上げられてちょっとした論争になっています。

 ← 74巻 恍惚のワイン に掲載されています。



合うという人もいれば、

合わないという人もいる。。



生臭さのある食材なので、

日本酒は間違いないでしょうが、

辛口スパークリングなどを合わせるのも無難ですよ!



さて、私は生牡蠣とシャブリ論争には、

もうひとつの視点があると思っています。



実は、白ワインには殺菌効果があるんです。

サルモネラ菌や大腸菌などに対して白ワインが強い殺菌力があると言われています。

だから生ものを食べる時は白ワインを飲むと殺菌効果があるということです。



生牡蠣にシャブリ論争は、

合う、合わないじゃなくて、

ひとつの食文化。



その裏には、

「生牡蠣に当たらないように白ワインを。」

という長年の経験で培った人間の知恵があったのだと思います。



ちなみに、酒呑みな私は冗談で、

「お酒でアルコール殺菌しているので風邪には負けない!」

なんてよく言っていますが、あながち間違いじゃないんですよ〜(笑)



author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 18:31
-, -
もんじゃにワインって合うの〜?
__.JPG関西人なのに、なぜか我が家はお好み焼きがほぼ皆無で、

結構な頻度でもんじゃをいただきます。

最近は、どんな家庭料理にも合うワインがあるはず!

という仮説のもとに、いろいろワインを合わせているのですが、

この、もんじゃ、

合うワインはあるのでしょうか〜?

早速試してみましたが、

やはりワイン、いけますよ〜!



予想では、スッキリとした白ワインの辛口か、

軽〜い赤ワインが合うと思いましたが、

やはりその通りでした。



中に入れる具によって、少し相性が変わってきます。

シーフードを入れるなら、白の辛口、

例えば、日本の甲州種のワイン、お手頃なイタリアの辛口白ワイン・ソアベなどが合いそうです。



また、スジなどを入れる場合は、

お手頃で軽〜い赤ワインが合います。

やはり日本の家庭料理なので、日本のマスカットベリーAの赤ワインなどは相性抜群でしょう。



B級グルメとワイン、

結構オモシロイなぁ〜



JUGEMテーマ:ワインと料理の話
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 10:43
-, -
ワインの恋人「フロマージュ」ってナニ?
ワインと最も相性が良い食べもの、

「フロマージュ」って何のことでしょう?



フレンチのコースメニューなどで見かけることがありますが、

答えは、チーズ!



チーズには、白カビタイプ、青カビタイプ、ウオッシュタイプ、ハードタイプ、シェーブルなど、

いくつかのタイプがありますが、

どのチーズにも合うワインがあります!



それはどんなワインでしょう??



答えは、、

単純に赤ワイン!



フレンチのコースでは、

メインの後にフロマージュが出てきます。

通常メイン料理の際に飲むのは赤ワイン。。



というわけで、赤ワインには基本的に合うような食文化として、

フロマージュは存在しているのです。



チーズに合わせるワインに迷ったら、

何も考えず、赤ワインを合わせましょう!




JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 10:42
-, -
アツアツおでんに合わせるワインは何??
最近、寒いですね〜

今年の秋は暖かかったですが、

いよいよ冬の訪れを感じます。

というわけで、昨日は今年初のおでんでした。

アツアツのおでん、ホントにあったまりますねぇ〜!

おでんにはどんなワインが合うでしょう??

実はいろんなワインが合います!

おでんは、味が濃すぎず、かと言って薄すぎないので、

赤ワインと白ワインの間を取ったロゼの辛口が一番合います!


でも、季節柄、昨日合わせたのは、

先週解禁日を迎えたボジョレーヌーヴォー!

おでんには、濃い赤ワインは合いませんが、

ボジョレーヌーヴォーのような軽くて飲みやすい赤ワインならマッチしますよ!

まだ、お手元にボジョレーヌーヴォーが残っているなら、

一度合わせてみてくださいね〜!


JUGEMテーマ:ワインと料理の話
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 09:59
-, -
ヌーヴォーと和食の相性。
EC20111118104007.jpeg昨日は、ボジョレーヌーヴォーの解禁日でした!

以前ほどの盛り上がりは無いものの、

やはり初物を愉しむというのはいいですね〜



というわけで、

昨日は大阪梅田のお気に入りのお店、

和食・達屋阪急梅田店さんとコラボで、

話題の泡ヌーヴォーを先取り♪ヌーヴォーと和食を合わせる会を開催しました!


EC20111118104533.jpeg達屋さんの絶品和食と6種類の世界各国のヌーヴォーを合わせました!

ボジョレーヌーヴォーが日本に届くまでの裏話や、

お料理とワインの超カンタンな合わせ方などのお話をさせていただきました。

1部2部合わせて60名?以上という、本当にたくさんのお客様に来ていただいて、

とにかくワイワイとスゴイ盛り上がりでした!

まさにお祭り騒ぎ(笑)



それにしても、和食とヌーヴォーは合う!

やはり和食は、比較的薄味が多いので、

ヌーヴォーのような赤白問わずライトで飲みやすいワインがお料理を引き立てることができるんですね。



お客様からも、「ワインと和食って合うんですね〜」とか、

「スパークリングヌーヴォーを飲んで初めて赤ワインが美味しいと思った〜!」など、

本当に嬉しいコトバをたくさんいただきました。



まだまだ課題はありますが、

たくさんの笑顔に出逢えたステキなパーティーでした。



達屋さんとの和食&ワインのコラボ、

次回はお鍋とワインというテーマで開催する予定です!



また、イロイロおもしろいことを企もっと(笑)

楽しみだなぁ〜



JUGEMテーマ:ワインと料理の話
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 10:42
-, -
あったかポカポカ寄せ鍋に合うワインは?
最近になってや〜っと秋らしい季節になってきました。

そろそろ鍋シーズン到来ですね!

鍋料理大好きなんで、嬉しいなぁ〜



さて、鍋の定番、寄せ鍋に合うワインはなんでしょう?



1番合わせやすいのは、辛口白ワイン!

しかも、お手頃価格の軽い味わいのものをキリッと冷やして

あったか〜い寄せ鍋と合わせるとサイコーです!



特に、日本の白ワイン用固有品種、甲州の辛口ワインは寄せ鍋に最適!

甲州は、いい意味で自己主張が強すぎないので、

繊細な寄せ鍋の食材の味を引き立ててくれます。



オススメは、シャトーメルシャンの甲州きいろ香!

柑橘系の爽やかな香りが感動的で、

今までの甲州ワインとは一線を画す素晴らしいワインです!



シャトーメルシャン 甲州きいろ香

他にも甲州ワインイロイロありますよ〜




日本の鍋料理に日本のワイン!

ちょっと新しい食文化ですね。


JUGEMテーマ:ワインと料理の話


author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 11:49
-, -
ワインは魚卵が苦手!じゃ、キャビアに合うワインは?
ワインと相性の悪い食材に、、

魚卵があります。



いくらや数の子などとワインをフツーに合わせると生臭い生臭い…

魚卵の生臭さがワインによってさらに引き立てられてしまうんです。



先週末はプチホームパーティーを開いたのですが、

かなり久しぶりにキャビアをいただきました!



しかも、オーガニック認証を取得しているキャビア!

かなりレアですね。

__.JPG


正直、キャビアの良し悪しを語れるほど食していませんが、

潮の香りが鮮烈で味わい深く、

やはりこれは珍味だなぁ〜って思わざるを得ませんでした!



さて、フランス料理にもよく出てくるこのキャビア。。

海外ではウォッカを合わせたりしますが、

どんなワインを合わせるのでしょう??



定番は、シャンパーニュなんです。

濃厚な味わいのものより、切れ味の良い辛口の方が合うように思います。

キャビアの生臭さをシャンパーニュの泡がかき消して、口の中をニュートラルな状態に戻してくれます。



フランス産のシャンパーニュではない辛口スパークリングワインでも合わせられますが、

できれば食材の格に合わせて、スパークリングワインの王様である、

シャンパーニュを合わせたいですね!



と言いながら、、

写真のスパークリングは、これまた珍しい日本酒スパークリング!

やはり、魚卵の一番のお供は、日本酒ですね(笑)



JUGEMテーマ:ワインと料理の話


author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインと料理, 12:21
-, -