RSS | ATOM | SEARCH
実は、ワインの試飲ってスポーツなんだ。
昨日は、取引先のワインの試飲会が開催されたので参加してきました。

なんと、その数200種類以上!!



前職のインポーターで働いている時は、

よくワインのテイスティングをすることがあったのですが、昨日は久々でした〜!



そして、約3時間半飲み続け・・・

終わった頃にはヘトヘトに。。



私はよく、ワインのテイスティングはスポーツだと言っているのですが、

とにかく、プロとしてワインの良し悪しを見極めるためには、

ワインの色、香り、味わいに集中しなければなりません。



これが、結構疲れるんです・・・

数が多いとカラダ全体を動かした後のような疲労感が。。

まさに、スポーツだ!



もちろん、試飲したワインは飲み込まないのですが、

何十種類もテイスティングしていると、

口の中からアルコールを吸収してちょっと酔っているような感覚になってきます。。


__.JPG試飲会に行ってきまーす!なんていうと、

良いワインが飲めるのですっごく羨ましがられるのですが、

実は結構大変なオシゴトなんです。

ワインを楽しく〜!なんていつも言っていますが、

シゴトのテイスティングの時だけは、本当にオススメしたいワインを見つけるために

かなり真剣に取り組んでいるつもりです!

と、言いながら、本当に感動するワインに出逢ったら、

こっそり飲んじゃうんですけどね(笑)

やっぱりワインは楽しく飲まないと!




というわけで、昨日の試飲会ではオススメしたいワインをたくさん見つけましたっ!

今後のオーダーメイドワインセットに入れていくつもりです!

やっぱり、ワインっておもしろいな〜

author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 15:16
-, -
ワインと美容、そのカンケイは??
最近、ちょっと気になっているのが、

ワインと美容というテーマ!

ヘンな意味じゃなくて(笑)



たしかに、ワインをオシャレな愉しみ方を知っている女性の方は、

実際にキレイな方が多いように感じます。



やっぱりワインって美容とカンケイがあるんじゃないかな〜?



こういうことは専門じゃないのであまり詳しくは書けませんが、

よく言われるように赤ワインにはポリフェノールが含まれ、

老化を進める活性酸素を除去するため、老化防止になり美肌にもつながると言われています。



でも正直なところ、専門家の研究でも効果があるという報告があったり、

効果はあまり無いという報告があったり、

私はあまりその効果は信じていません。



ただ、ひとつ言えることは、

ワインは楽しいお酒なので、

適量を飲んでいるとココロを健康に保つことができるということ!



メンタル面での美容効果は多いにあると思います。



そう言えば、私が今まで見てきた美しいワインラヴァーたちは確かにココロも美しい!

美容とココロって深くつながってるんだなぁ〜って思います。



ワインを楽しく飲んで美しくなれたら、

それはサイコーですよね。

男性に例えると、ワインを楽しく飲んでモテ男に!って感じでしょうか(笑)



ワインと美容、これはおもしろいテーマなので、

いつか美容の専門家の方とコラボで、

そんなセミナーができたらいいなぁ〜なんて考えてます(笑)



ご興味のある方は、気長にお待ちくださいネ。

いつか必ず実現しますので〜



author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 18:40
-, -
見たことある?コルクならぬガラスの栓。
先日、自宅でドイツワインを開ける時、

今、流行りのスクリューキャップかな〜って思ったら、

ガラス栓でした!

__.JPG

キレイでしょ?

ガラス栓に遭遇したこと、ありますか??



ドイツワインに多いのですが、

以前にもお話したように、

コルクの栓のワインのうち、2〜4%はコルク臭(ブショネ)に汚染されていると言われています。

※ 参考記事 今さら聞けないレストランのワインテイスティング
 


このコルク臭を発生させないように、

最近ではオーストラリアなどでは高品質なスクリューキャップが使用されるようになっています。



でも、やはりスクリューキャップは安っぽく見えてしまう。。

そんな時にガラス栓が登場しました!



見た目は、結構オシャレ!

ソムリエナイフも必要なく簡単に開けれるし、

おまけにコルク臭の心配もナシ!



でも、ガラス栓はコストがかかるので、

あまりデイリーに飲むお手頃ワインには使われていないようです。

個人的にはガラス栓、結構好きだなぁ〜。
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 17:39
-, -
ワインと記憶。
ワインと音楽はよく似てるなぁ〜って思います。

なぜなら、記憶と結びつくから!



懐かしい音楽を聴いた時、

その音楽をよく聴いていた頃のことを思い出しませんか??



ワインも同じようなことが起こります。



10月からワインのお仕事をするようになって、

「このワインは学生時代によく飲んだなぁ〜」とか、

「このワインをよく飲んでいた若い頃を思い出します」などのお声をいただくことがよくあります。



私も、思い出深いワインを味わった時、

そのワインを飲んだ場面が頭の中に蘇ることがよくあります。

やはり、ワインは音楽と同様に記憶に結び付くのです。



何かの記念に開けた思い出深いワイン。

記憶と共にココロの中で熟成を続けていくのですね。

いつか、懐かしいなぁ〜と思うような日が来るまで。。



JUGEMテーマ:ワイン



author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 08:23
-, -
ココロにカラダにあったかホットワイン。
寒い季節になってくると、

ホットワインの問い合わせをよくいただきます。



ホットワインってどのようなものでしょう?



その昔、ヨーロッパの戦士たちは、

寒い季節に剣を焚火であぶって、

赤ワインにつけてワインをホットにして体を暖めたそうです。



現在のホットワインは、

赤ワインにスパイスやフルーツを加えて、

やや甘く仕上げます。



スペインのフルーツワイン、サングリアは、

ワインにスパイスやフルーツを加えた飲みやすいワインですが、

これのホット版といったイメージです。



手っ取り早く楽しむなら、

サングリアの赤ワインを買って、

レンジでチンすればOK!




ホットワインにおすすめサングリア
 


ホットワインを飲んでココロもカラダもポカポカに!


JUGEMテーマ:ワイン
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 10:39
-, -
F1のシャンパンファイトに使われているシャンパンとは?
ワタクシ、何を隠そうF1マニアでございます(笑)

今週末、待ちに待ったF1日本グランプリ!

今年も駆けつけようと思ってます。



ただ、いつもお話ししているように、

私は移動性低気圧とも呼ばれる超雨男!



以前、富士スピードウェイで開催されたF1日本グランプリは、

嵐になり、大混乱に。。



昨年は、土曜の予選も張り切って見に行ったら、

ゲリラ豪雨。。

予選が中止されるという、数十年ぶりの事件まで勃発。



恐らく私はF1関係者にとって最も迷惑な客でしょうね(笑)



さてさて、このF1でワインの小咄と言えば、

やはり優勝セレモニーのシャンパンファイトでしょう!



どんな銘柄が使われてるかご存知ですか?

実は、どこのワインショップでも手に入る比較的お手頃な有名シャンパンなのです。



そのシャンパンとは、

マム社のコルドンルージュというシャンパン。

価格はだいたいこんな感じです!







以前、私が主催したカートレースでも優勝セレモニーを行って、

その際はやはり、このコルドンルージュを選びました!



私は優勝しなかったにもかかわらずシャンパンファイトに参加し、

1人だけ、浴びるように飲んでいました(笑)



でも、美味しかった〜

ま、飲み方はイロイロですが、

まろやかでコクのある良いシャンパンです!



赤いリボンをあしらったラベルもオシャレなので、

贈り物にも最適ですヨ!



今週末の鈴鹿の天気にご注目。

移動性低気圧は、10月7日、8日、9日に鈴鹿付近に停滞する予定です。

ご注意ください。。


JUGEMテーマ:ワイン


author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 20:29
-, -
こんなワインもあるの?コルクじゃなくて王冠のワイン。
最近は、コルクで栓をした一般的なワインの他にも、

プラスチックコルクのものや、ガラス栓のものなどいろいろなワインが登場しています。



そんな中で、先日行ったワインバーでこんなワインが出てきました!



王冠ワイン



コルクじゃなくて、なんと王冠!

まるでビール??



ソムリエはソムリエナイフでは結構開けにくいらしく、

ソムリエ泣かせのワインです(笑)



なぜ、王冠の栓にするかという理由ですが、

やはりコルク栓を使った場合にどうしても起こってしまう

コルク臭を防ぐためのようです。



個人的には、王冠よりも開けやすいスクリューキャップの方が好きかな〜。

ちなみに、ニュージーランドワインはスクリューキャップが多いですよ!


JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 08:29
-, -
ワイン好きがハマる罠。ワイン通ならぬ、ワイン痛。。
「ワイン王国」というワイン雑誌に、

「愛されるワイン通になる心理法則」というコーナーがあって、

このコーナーが結構好きでした。(今は終了してしまいましたが。。)



どんなコーナーかというと、

ワインを知れば知るほど世間から遠い存在になり、

嫌われるワイン通になる可能性があるので気を付けて〜!ということを心理学的に解説したコーナーでした。



このことは、私も特に注意していたことで「ドキっ!」とするテーマだったので

いつも読んでしまいました(笑)



嫌われるワイン通、要するにワイン"痛"は確かに存在します。

これは、本人が気付かないことが多く、

ワインを学んでいる方は注意しないといけないポイント!



「愛されるワイン通になる心理法則」によると、

「私はワインを知っているんだ!」と思い始めると危険なんですって!



そういう意識になると、悪意が無くても「こんなことも知らないの?」というように聞こえてしまうコトバを発してしまうことがあり、相手は不快に思ってしまうそうです。

いわゆる、ワイン痛です・・・



でも!!

このブログでは、ワイン痛になってしまうような難しい内容ではなく、

皆様がクチコミしたくなるような楽しい小ネタばかりを発信するのでご安心を!



愛されるワインラヴァーになるためには、

いつまでも、ワインを知らなかった時の気持ちを忘れないことも重要だったりするんですね〜。



お〜怖っ!

そういう私もワイン痛にならないように気を付けねば!!



JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 06:47
-, -
コルクのようでコルクじゃないコルク。
この写真を見てくださ〜い ↓

樹脂コルク

どう見てもコルクですよね!

でも、コルクじゃないんです。

触ってみるとツルツルしています。。



これは、合成樹脂のプラスチックコルク。

価格の安いワインによく使われています。

コルクを抜いてみるとプラスチックコルクだったというご経験、ありませんか?



では、なぜプラスチックなんでしょう?

本物のコルクじゃなく、合成樹脂大きく次のふたつの理由があるんです。



1つ目の理由は、コルクは高価なので。

コルクは、高価なので低価格ワインにはコストの安いプラスチックが使われるんです。



2つ目の理由は、コルク臭を防ぐため。

コルクを使用すると、なんと2〜4%ほどの確率でコルク臭と呼ばれる異臭に汚染されてしまいます。

プラスチックならその心配が無いということです。

※ コルク臭について詳しくはこちらの記事をご覧くださいね。



高級ワインのコルクがプラスチックだったら雰囲気的にちょっとがっかりしてしまいますが、

お手頃価格ワインのプラスチックコルクには、実はメリットがあるんですよ〜!



JUGEMテーマ:ワイン
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 08:53
-, -
コルクの長さのヒ・ミ・ツ♪
コルクワインのコルク、結構好きなんです。

ワイナリーの刻印が入っていてちょっとアートな感じがしますし、

インテリアにも使えるなぁ〜って思います。



以前、テレビでオシャレな家を紹介していて、

ワインのコルクをうまくディスプレイしていました。



それがとっても印象的で、

私は大きい和皿にお気に入りのワインのコルクを盛って、

玄関に飾りたいなぁ〜って考えています。



さて、このワインのコルク、

長さにちょっとしたヒミツがあるんです。



実は、、、

一般的に高級ワインほどコルクが長いと言われています。

そしてコルクの質もツヤがあって素材が緻密なんです。



なぜかって??



それは、良い熟成をさせるため!

高級ワインほど長期熟成をさせてから飲みます。



そのためコルクが短かったり、質が悪いと空気に触れる確率が増えて酸化するスピードが早くなり、

長期熟成に向かないので、高級ワインは良質の長いコルクが使われるのです。



逆に、ボジョレーヌーヴォーのような早飲みワインのコルクはどうでしょう??



長期熟成する必要が無いのですごく短いものが使われています。

次、ワインを抜く機会があればコルクにも注目してみてください。

コルクにも何気ない配慮があるんですよ〜!


JUGEMテーマ:ワイン


author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインの小咄, 17:49
-, -