RSS | ATOM | SEARCH
構想5年??ワイン大楽(だいがく)が開校!
ぼくが脱サラする前から構想を練っていた、
あえてワインを学ばない、ワインの楽しみ方を教えるワインスクール。

本日、2015年1月29日、
ついに実現することができました!
その名も、「ワインプロデューサー大西 タカユキのワイン大楽(だいがく)」!!

ワイン大楽ウェブサイト→ 
http://winedaigaku.com/

去年、このブログのタイトルを「ワイン大楽(だいがく)」に変更してから、
ぼくのアタマの中にあったいろいろなアイデアのパーツが組み合わさって、
ひとつのカタチが出来上がりました。

ワイン大学じゃなくて、ワイン大楽!

このコトバにぼくがやろうとしているコトが全て含まれているように感じています。
ぼくのワインに対する考え方に共感を覚えてくださる方がワイン大楽の楽生となって、
少しずつその輪を拡げていきたいと思います。

そして、世界をワインで笑顔にするぞ!

ワインプロデューサー大西 タカユキ
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 00:04
comments(0), -
2013年のボジョレーヌーヴォーってどうなの?
 11月21日(木)のニュースで、

「ボジョレーヌーヴォーが解禁されました〜!」と報道され、

今年も良い出来的なことをキャスターが話す・・・という毎年恒例の姿を予想していますが、

実際のところ、今年の出来はどうなんでしょう??



おーみんのキャッチしたワイン業界のニュースでは、

2013年は気候が安定せず、結構難しい年のようです!



でも、おーみん的にはこういう年の方が好き!



なぜなら、当たり年は誰が造っても美味しい!!

難しい年ほど、造り手の差が出るんです!

良い造り手は、当たり年もハズレ年も差があまり出ないので美味しい!



今週末は、おーみんがセレクトした美味しいボジョレーヌーヴォーに加えて、

イタリアンヌーヴォーのノヴェッロ(新酒)2種類、

そして、あまりの美味しさに密かに話題となっている白ヌーヴォーを飲み比べできる新酒パーティーを開催するのでホントに楽しみ!!


最近のボジョレーヌーヴォーは3000円前後するものも多く、

ちょっと値段が高すぎるように感じます。

もっとガブ飲みしたいっ(笑)


というわけで、下記の日程で世界のヌーヴォーを飲み尽くすパーティーを開催しますので、

ご興味がある方は遊びに来てね!!



ワインの知識は全く不要!!

初参加の方も大歓迎〜!!

おーみんと一緒に秋の味わいを愉しみましょう!


【2013年11月23日(土)16〜18時】



author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 16:55
-, -
ワインとメイクアップのコラボはオモシロイ!
__.JPG
このブログで以前から興味があると言っていた、

ワインと美容をテーマにしたコラボイベント、

今日、ついに実現しましたっ!!



まず、春の季節に美味しい春ワインを3種類コーディネートし、

春ワインの魅力についてのトーク!



そして、春ワインを飲みながら、

いい感じになってきたところで、

プロのメイクアップアーティスト佐野美千代先生のメイクショーが始まるっ!



ワインを飲むと知らない方同士でも

不思議と会話が弾むし、

美味しいワインを飲みながらメイクショーを観るなんて楽しいですよね!



実際にやってみると、

参加者の皆様の反応は思った以上に上々!!

今回は春のデートメイクについて先生に教えていただきました!



メイクなんてしない私が見ていても本当に楽しくて、

ワインと美容というテーマがこれほどマッチするとは思いませんでした。



何よりも、帰り際に見たみなさんの笑顔が私のやりがいだなぁ〜

喜ばれるテーマである、ワインと美容のコラボは、

これからもシリーズ化していこうと思います!
author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 23:09
-, -
ついに来た、白ワインブーム?それとも・・・
最近、ちょっと気になること。

それは、白ワイン好きがとっても増えてること!

白ワイン

夏なら分かるんだけど、冬の間も「最近は白ワインが好き!」という人が多い。

この「最近は・・・」というのがポイントで、

もともと赤ワインが好きな方に限って最近白ワインを飲む人が多い。

 

赤ワインに飽きたのもあるかもしれないけれど、

日本の家庭料理や居酒屋・バルなどのメニューには正直白ワインの方が合うものが多いので、

そのあたりが影響しているのかな。

 

ということは、白ワインブームではなく、

日本のワイン文化の成長なのかも。

というワタクシも、最近白ワインばっかりです。

author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 12:32
-, -
沖縄で感じたワイン事情。
今月は沖縄に2回出張して、

沖縄でワインを思いっきり楽しむための取材をしてきました!



と言っても、様々なビーチに行ったり、

美味しいお店やワインバーを探したり、

ステキな宿を見学したり。。



もともと沖縄が大好きだし、

大自然にも癒された本当に楽しい出張でした!



そんな中でもおもしろかったのが、

沖縄のワイン事情。



沖縄でお酒と言えば、

泡盛かオリオンビールというイメージがありましたが、

ワインはどうなんだろうという興味がありました。



極端なハナシ、

ワインなんて沖縄の人たちに全然受け入れられてないんじゃないだろうかって…



でも、実際に行ってお話していると、

若い層を中心にワインが好きな方がたくさんいらっしゃって驚きでした!



宮古島のBARのオープンテラスでスパークリングワインを飲んだ時は本当に気持ちよかった!!

やはり南国はスパークリングワインが似合うし、最高にウマイ!!



ただ、美味しいワインが飲める場所は限られているし、

もっともっとワインを楽しくできる余地がた〜くさんあるので、

これから私もワインの伝道師になれればと思っています!



沖縄にはフシギな縁を感じるし、

毎回、人や自然に癒されているので

何か恩返しができたらなぁ〜って思っています!
JUGEMテーマ:沖縄

 
author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 15:48
-, -
おーみんの考える新しいワインツーリズム。
旅行業界が厳しいとはよく聞きますが、

ワインツーリズムは人気なのだそうです。



ワインツーリズムとは、ワイナリーを巡って、

ぶどう畑や醸造設備を見学したり、

そのワイナリーで造られるワインを堪能するツアーのこと。



アメリカのカリフォルニアなどはワイナリーが集中していて、

ワインツーリズムが盛んなのは有名です!



日本なら山梨県がダントツ!

ワイナリーがたくさんあって、

ワインツーリズムも盛んです。



でも、実際に日本のワイナリーは、

山梨、長野、北海道などに集中し、

その他の地域のワイナリーは点在しているのでなかなかワイナリー巡りができる環境がありません。



そのため、ワイナリーを巡るワインツーリズムは、

日本では限界があるように感じています。

特に首都圏以外から山梨は結構遠いですしね。。



でも、そんな中でもこんなワインツーリズムがあれば、

もっと発展するんじゃないでしょうか。



例えば、週末土日を使って、沖縄でコテージを借り、

完全プライベートビーチの白い砂浜の上で、

世界のスパークリングワインを堪能するツアー!



もちろん、沖縄の音楽を聴きながら、

現地のグルメ食材とワインを合わせる!



ワイナリーを巡るだけではなく、

ワインを思いっきり楽しむことをテーマにしたワインツーリズムです!



ワインは人をつなげるお酒なので、

ツアーの参加者はきっと仲良しになるはず!



こんなワクワクする新しいワインツーリズム、

実現に向けてすでに動き出しました〜!

近々発表するのでお楽しみに〜!


author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 13:48
-, -
フランスではなく、アメリカが世界最大のワイン消費国に!
アメリカでワインが人気です!

1月13日付の読売新聞で、

このようなニュースが出ていました!

米国が伊・仏を抜いて世界最大のワイン消費国(読売オンライン)



アメリカでは、若者の間にワインを飲む習慣が定着して、

2011年に世界最大のワイン消費国になったようです。



実は、日本でも少しずつワインの消費は伸びています。

お酒離れと言われながら、ワインは堅調なんです。



ただ、世界最大のワイン消費国になったアメリカの1人平均ワイン年間消費量は、

フランスに比べて4分の1弱。。

ワイン文化の定着度合いにはまだまだ差があるようです。



ちなみに、日本の1人平均ワイン年間消費量は、

2007年のデータでアメリカの4分の1弱。。。

私がワインのある楽しい生活を拡げる余地はまだまだあるようです(笑)


author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 15:39
-, -
ヌーヴォーを一足お先に・・・ ぶっちゃけ今年の出来は??
ボジョレーヌーヴォーの解禁日は、明日11月17日(木)!

明日は、ボジョレーヌーヴォー解禁!というニュースが流れると思いますが、

ほぼ間違いなく「今年は良い出来です!」と報道されるでしょう。



ま、ビジネスなんでしょうがないですが、

現地ボジョレーからの報告でも、

今年は出来が悪いです。。。なんて内容を見たことはありません(笑)



ワイン業界人の役得は、

ヌーヴォー解禁前に味のチェックできること!



今年も事前テイスティングを行いましたが、

私の印象は、と〜ってもバランスが良くてエレガント!

年によっては濃すぎる味わいの時もありますが、今年はバランス良く飽きのこない味わいに仕上がっていますヨ。



私は個人的に好きなタイプの年ですっ!



皆さんはご存じが分かりませんが、

白ヌーヴォーというものもあるんですよ!

ボジョレー地区の近くにマコン地区という産地があり、そこから採れた白ワインのヌーヴォー!


白ヌーヴォーこれが、フレッシュで生き生きとしていて美味しいんです!

ボジョレーヌーヴォーだけでなく、

ボジョレー地区以外の新酒も味わってみると楽しいと思いますよ!

ちなみに、この白ヌーヴォーや、先日ご紹介したスパークリングヌーヴォーは、解禁日に私が参加するヌーヴォーと和食を合わせる会にてお楽しみいただけますよ〜!

もしご予定があえばお越しくださいネ。




JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 10:05
-, -
缶?ソーダ割り??ホット???ワインの色々なカタチ。
缶ワインいや〜、最近風邪をこじらせて、

咳、鼻づまり、微熱とサイアクなコンディションではありましたが、、

ヒルトン大阪で開催された酒類卸の日酒販さんの展示会に参加してきましたっ!



独立後初めてのプロ向け展示会とあって、

どんなワインに出会えるかワクワクしながら会場に入ると、

まず、目に入ったのが缶ワイン!!



前から気になっていたので、早速試飲!

まずは、スパークリングの白から・・・

「ん??」



ウマい・・・



今まで飲んだことのある缶ワインは、薄っぺらくて甘ったるくて

とても”ワイン”としては楽しめないものばかりだったのですが、、

これはフレッシュ感もあり、フルーティーで本当に美味しい!



ちょっと驚きでしたが、

その他、白ワインも赤ワインも美味しいんです。



ワインの原産国はオーストラリアで、

「缶なのにプレミアム」というキャッチを使っているだけあって、

ワインの中身(品質)に力を入れていました。



そして、もうひとつ、缶ワインの問題点である、

缶の香りがワインに移ってしまうことを排除した特許を使っているのがかなりいい!

気になる缶の香りは一切なく、ボトルワインを開けた時のような味わいで楽しめます。



とくに、一人暮らしの方や、少量軽く飲みたい時には、

冷蔵庫から缶ワインを出してグラスに注ぐ・・・

ちょっとオシャレなワインの愉しみ方だなぁと思います。



缶ワインの他にも・・・

__.JPG


これは、ワインのソーダ割り!

いわゆる、スプリッツァーというカクテルと同じ。

とにかく飲みやすく、アルコール度数も6〜7度なので、気軽に飲めるワインカクテル。



ラベルのカラーもオシャレで、

「シュシュ」というネーミングはチャーミングですね。

ホットワイン

あと、冬場にたま〜に問い合わせのある、

ホットワイン!!



ホットワインは普通のワインから自分で作ることもできますが、

やはり面倒なんです。。

でも、こういうホットワインがあったのですね〜



テイスティングしましたが、ほんのり甘くて暖かくて、

ものすごくカラダがあったまる!

冬の寒〜い日の1杯目にはおもしろいかも。



その他にもいろいろなワインをテイスティングしましたが、

今日は、本当に良い勉強になりました〜。



とくに、缶ワインには驚き!

こういう、品質が良くて新しいワインライフの提案になるようなものを中心に、

これからもいろいろなワインを発掘して紹介していきたいと思います。



こうしていろいろなワインに出会って家に帰ると、

驚くべきことに、熱も下がり、体調が回復していました。。



まさに、酒は百薬の長だ。。


JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 22:28
-, -
これはハヤる!?今年はオシャレにスパークリングヌーヴォー!
ワイン業界の秋の風物詩というと、

11月17日(木)に解禁される秋の新酒ボジョレーヌーヴォー!



ボジョレーヌーヴォーとは、フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で

その年に収穫されたぶどうから造る新酒の赤ワインのことで、

11月の第3木曜日に解禁されます!



チェリーやストロベリーのようなフレッシュ&フルーティーな香りと親しみやすい飲み口が特徴です。



でも、実は日本以外の国では、ボジョレーヌーヴォー解禁だ〜!

なんて騒ぐことはそれほど無いんです。

初物好きの日本が世界最大のボジョレーヌーヴォーのマーケットとなっています。



でも、ボジョレーヌーヴォーを飲むと秋だなぁ〜って感じるし、

個人的には、季節を愉しむという視点で、

良いイベントだなぁ〜って思ってます。



でも正直、ボジョレーヌーヴォー解禁だ〜って言って、

いつものフルーティーでフレッシュなボジョレーヌーヴォーを愉しむことに、

少し飽きてきているのも事実。。



そんな中、こんなヌーヴォーを見つけました!

今年収穫されたばかりの南仏産ガメイを使用した、新酒スパークリングヌーヴォー♪ジャン ルイ...

今年収穫されたばかりの南仏産ガメイを使用した、新酒スパークリングヌーヴォー♪ジャン ルイ...
価格:1,180円(税込、送料別)



スパークリングヌーヴォーです!

スパークリングワインは、オシャレな気分になりますし、

なんだか楽しい気分になりませんか?



このスパークリングヌーヴォーは、

ほんのり甘くて飲みやすい赤のスパークリング!

カクテル感覚で飲めて、色まで楽しむことができます。



実は、大阪梅田で、ボジョレーヌーヴォー解禁日の11月17日(木)の夜に、

ちょっと変わったヌーヴォーパーティーを計画しています!

このスパークリングヌーヴォーが登場するかも〜!?




JUGEMテーマ:ワイン
author:おーみん(大西タカユキ), category:気になるワインニュース, 10:22
-, -