RSS | ATOM | SEARCH
秋の行楽でワインを美味しくオシャレに楽しむためのコツ!
涼しくなって行楽の季節到来ですね〜!

私は先週末、近くの公園でバーベキューをしましたが、

暑すぎず、寒すぎず、ちょうどいい気候でした♪



これからの季節は行楽が増えてくると思いますが、

やはり秋の味覚にワインを合わせたいもの。



でも、私が今までどうしてもイヤだったのが、

紙コップでワインを飲むこと・・・



ワインの香りを感じにくいし、

紙コップの匂いも感じるし、、

そして何よりも、あまりオシャレじゃないですよね。。



でも、割れやすいワイングラスを持っていくこともできないし、

何かいいものは無いかなぁ〜と思って探していたら、

便利なものを見つけました!






これ、何だと思いますか〜??



ただのワイングラスじゃありません。

プラスチックでできたワイングラスなんです!



プラスチックワイングラスは、

軽いので持ち運びに便利!



それでいて、ワインを美味しく楽しめるし、

バーベキューなどでワイングラスで乾杯〜ってなると、

まわりのグループと差が出ますよ!



スパークリングワインを楽しむためのフルートグラスタイプもあるんですよ〜。

→ プラスチックワイングラスいろいろ。



ワイン好きのアウトドア派には必須アイテムかも!

ちなみに私はワイン好きのアウトドア派ですが、

超スーパー雨男です。。迷惑がられます・・・



JUGEMテーマ:生活雑貨
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:便利なワイングッズ, 07:17
-, -
プロも憧れるソムリエナイフ「シャトー・ラギオール」。
ワイン生活を愉しむようになってくると、

オシャレなワイングッズを揃えたくなってくるものです。



ワインライフを愉しむための必須グッズとして、

ワインオープナーが必要ですよね!



ワインオープナーはいろ〜んな種類がありますが、

やはりちょっとこだわりが出てくるとソムリエナイフを使いたくなるもの。

そのソムリエナイフの中でも世界中のソムリエが憧れるブランドが「シャトー・ラギオール」です!



「シャトー・ラギオール」は、フランスのナイフメーカーSCIP社が造るハンドメイドな究極のソムリエナイフ。

シャトー・ラギオールの素晴らしさは、自然な素材を使った質感と、

そのデザインの美しい曲線美。


シャトー・ラギオール

シャトー・ラギオールにもいろいろな種類があります!



手に持つと適度な重みがあり、高級感が伝わってきます。

しかも、ほとんどハンドメイドなので、

1本1本微妙に素材の模様も含めて個体差があるのも魅力のうちのひとつ。



もし機会があれば、日本のホテルやレストランのソムリエが使っているソムリエナイフ、

チラっと見てみてください。

「シャトー・ラギオール」である可能性が高いはず!



「シャトー・ラギオール」は、ワインのプロの象徴でもあるのです。

ワインが好きな方(特に詳しい方)へのプレゼントにも最適です。

かなり喜ばれる贈り物になるはず!



ボクも欲しいなぁ。。



JUGEMテーマ:可愛い雑貨・インテリア
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:便利なワイングッズ, 22:31
-, -
人は、目でワインを飲んでいる?
フードコーディネートの勉強をした時に、

ひとつおもしろいことを学びました。

「人は、目でものを食べている」ということ。



要するに、お料理の色合い、お皿の色など、

美味しそうに見えた時は、実際に美味しく感じてしまうということなんです。



人は、情報の8割以上を視覚で得ています。

だからこそ、特に「食」は美味しそ〜な見た目が大切なのです!



さて、これをワインに当てはめてみるとおもしろい事が起こります。

こんな真っ黒なグラスがあるのですが…




このグラスにワインを注ぐと、ワインの色が見えません。

これは、視覚から得られる情報をシャットアウトして、

ワインの質を判断するための試飲グラス。



こんなのめったに使う事はありませんが、

実は見た目が全く分からない状態でワインを飲むと、

なんと、赤ワインか白ワインかさえ分からない事があるんです!



それだけに、食と同様、

人は、目でワインを飲んでいると言えるかもしれませんね。


JUGEMテーマ:ワイン


author:おーみん(大西タカユキ), category:便利なワイングッズ, 17:53
-, -
スパークリングワインの泡を長持ちさせる方法
暑い日のスパークリングワインは、格別ですよね〜!

でも、少人数の時、飲みきれないかもって考えて、

スパークリングワインを開けるのを躊躇したことありませんか??



時間が経てば泡が消えてゆくので、

ワイン以上に早く飲まなくっちゃ!

って思ってしまいますよね!



でも、その日に飲みきれなくても、

泡が長持ちしてしまう方法があれば、

もっと気軽にスパークリングワインと付き合えると思いませんか〜?



意外と知られていないのですが、

あるんですよ、泡を長持ちさせる魔法のグッズが!



そのグッズの名は、、

シャンパンストッパー!




これ、結構便利なんです。



以前、飲み残したワインボトルから空気を抜くことで、

ワインを長持ちさせるバキュヴァンをご紹介しましたが、、

その逆ヴァージョン!



飲み残したボトルに空気を送り込むことで瓶内の圧力を高め、

泡が抜けていくのを防いでしまうアイテムです!



これがあれば、数日間泡が持つので、

1人でスパークリングワインを開けても大丈夫!


参照: シャンパンストッパーにもいろんな種類があります!



以前、フランス帰りのお土産に、

高級シャンパンの代名詞ドンペリ専用(ドンペリにしか使えない)の

公式シャンパンストッパーをいただいたことがあります!



これ、重厚感があってかなりカッコいいんです!

かなりうれしかったのですが、問題がひとつ…



使う機会がない…



JUGEMテーマ:生活雑貨
author:おーみん(大西タカユキ), category:便利なワイングッズ, 20:49
-, -
残ったワインのもうひとつの楽しみ方。
以前書いた記事で、

長期的に人気のある記事があります!



その記事とは、、

「ワインは開けたら何日ぐらいもつの?」

という記事。



たしかに、ワインを一度開けてしまうと、

いつまで美味しく飲めるんだろう?っていうのは、

多くのワインラヴァーが抱えている疑問のようです。



さて、その記事でも少し書きましたが、とってもおもしろいことに、

抜栓した日に美味しくなかったワインを冷蔵庫で保管して、

翌日飲んでみると、抜栓した日よりも美味しかったということがよくあるんです!



抜栓して残ったワイン、

2日目、3日目の方が楽しめるワインには、

いくつか法則があります。



まず一つ目は、香りが弱く、あんまり美味しくなかったもの。

これは、飲み頃が早過ぎた可能性もあるので、

酸素に触れて熟成が進んだ2日目以降に期待です!



二つ目は、とにかく濃い赤ワインで、渋過ぎるもの!

この場合もまだまだ熟成させて飲むべきワインなので、

2日目、3日目以降に味わいが落ち着いてやたら美味しくなることがあります!



逆に、抜栓した当日、香りも素晴らしく、美味しい〜

って思えるものは、すでに飲み頃ですので、

2日目以降は酸化することでワインがくたびれてしまいますのでご注意を!



ワインは抜栓したらその日中に飲んでしまう必要はありません。

もっともっと柔軟に考えて、2日目以降の楽しみ方が分かってしまえば、

ワインライフがさらに充実しますよ!



ちなみに、一度抜栓したワインは、バキュヴァンで保存しましょう!

ワインが長持ちしますので!
JUGEMテーマ:ワイン


author:おーみん(大西タカユキ), category:便利なワイングッズ, 20:45
-, -
不思議でオシャレなワイン雑貨
__.JPGちょっとこのワイン雑貨を見てください!


不思議でしょ??


鎖がワインに絡まって・・・


でも、ちゃんと安定して立っています。


もともと雑貨屋でショッピングするのが大好きなのですが、ワイン雑貨ってオシャレなものが多いんですよ!


このワイン雑貨、とある雑貨屋にあるものですが、

鎖のふにゃふにゃ感のイメージを覆しすワインボトルホルダー。

ヒトの固定概念をひっくり返すこのデザインの発想って素晴らしいですね!



これからも、私のお気に入りのおもしろワイン雑貨をご紹介していきますね〜。



JUGEMテーマ:可愛い雑貨・インテリア 
author:おーみん(大西タカユキ), category:便利なワイングッズ, 23:24
-, -