RSS | ATOM | SEARCH
【ワインクイズの答え】ワイン業界でエチケットを意味するアレとは?
今日は、先日のワインクイズの答えです!



ワイン業界で「エチケット」というと、

アレのことを指すのですが、

さて、エチケットとは何のことでしょう??



その答えは・・・



ワインのラベルのことでした〜!!

ワインのラベル



本来、エチケットとは、

公の席で着席する序列などの情報を書き記した紙きれのことでした。



ワインのラベルには、そのワインの素性を表す情報がいろいろ記されています。

そのため、エチケットと呼ばれるようになりました。



ちょっと格式の高いレストランなどで、ワインのラベルを見たい時は、

ソムリエに「ワインのエチケットを見せてください」なんていうと、

いろんな意味で”エチケット”の分かる人だなぁ〜って思ってもらえるわけです(笑)



JUGEMテーマ:クイズ・なぞなぞ・問題など
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインクイズ, 17:05
-, -
【ワインクイズ】ワイン業界で「エチケット」を意味するアレって何でしょう?
今日は、ワインクイズです♪

エチケット。

辞書で調べると礼儀作法と書かれています。



このエチケットというコトバは、フランス語なんです。



そして、ワイン業界で「エチケット」というと、

アレのことを指すのですが、

さて、エチケットとは何のことでしょう??



ヒント!!



本来、エチケットとは、

公の席で着席する序列などの情報を書き記した紙きれのことだったんです。

そこから派生して、順番やルールを守る「礼儀作法」という意味になりました。



同じようなものがワインの世界にあるのですが、、

さて何でしょう??



答えは、また明日〜!





JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインクイズ, 19:01
-, -
【ワインクイズ】フランス人は1年間に1人平均何本のワインを飲むでしょうか?
秋も深まり、赤ワインが美味しい季節になってきました。

赤ワインは秋の味覚であるキノコ類との相性も良いのでぜひ試してくださいね!

さて、本日はワインクイズです!



ワインの王国であるフランスに関するクイズ!

フランス人は1年間に1人平均何本のワインを飲むでしょうか?



ちなみに、、



国際葡萄・葡萄酒機構の2007年のデータによると、

日本人の年間ワイン消費量は1人平均2リットル!

ワインのフルボトル(750ml)換算で3本弱というところです。




意外に少ないですねぇ〜



さらに、アメリカは1人平均8.9リットルなので、

ワインのフルボトル換算で11.8本!



ではでは、問題のフランスは何本??



その答えは…



なんと、69.4本なんです!!

最もワイン消費量が多いフランスで1人平均52.1リットルなので、

日本のワイン文化はまだまだ根付き始めたところだということがよく分かりますね!




ちなみに、国税庁が平成23年1月に発表したデータによると、

日本国内でもワイン生産地である山梨県では1人平均6.5リットル!(ワイン8.6本)



ご家庭でワインを飲む習慣がもっと定着すれば、

さらにワイン消費量が伸びる余地がありそうですね!



JUGEMテーマ:ワイン


author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインクイズ, 18:09
-, -
【ワインクイズ】日本の輸入ワイン数量国別BEST10のうち、意外なこの国何〜んだ?
最近、ワインの市場についていろいろ調べているのですが、

日本に輸入されるワインの国別輸入数量を財務省が発表しています。



2010年のデータによると、やはりトップはフランスで、

毎年落ちていますが、35.3%のシェアを誇っています。





その他で、意外だなぁ〜と思ったのが「???」の部分!


【第1位】 フランス 35.3%

【第2位】 イタリア 18.6%

【第3位】 ??? 16.8%

【第4位】 スペイン 10.3%

【第5位】 アメリカ 6.5%

【第6位】 オーストラリア 5.6%

【第7位】 ??? 2.2%

【第8位】 ??? 2.0%

【第9位】 アルゼンチン 1.8%

【第10位】 ニュージーランド 0.6%



さて、???の部分、

どの国だと思われますか??



【ヒント】

第3位は、コストパフォーマンスが高いワインとして

よくここでも紹介する国!



第7位は、10年前には第4位だったのにシェア低下が顕著な国。

そう言えば、飲む機会が減ったかも。。



第8位は、かなり意外でした!

最近ワールドカップがあった国ですが着実に伸びています。



分かりますか〜??

答えは〜、



【第1位】 フランス 35.3%

【第2位】 イタリア 18.6%

【第3位】 ??? 16.8% → チリ

【第4位】 スペイン 10.3%

【第5位】 アメリカ 6.5%

【第6位】 オーストラリア 5.6%

【第7位】 ??? 2.2% → ドイツ

【第8位】 ??? 2.0% → 南アフリカ

【第9位】 アルゼンチン 1.8%

【第10位】 ニュージーランド 0.6%



そう言えば、チリワインはよく見かけるようになりましたね〜!

でも、第3位のシェアになるまで伸びているとはスゴイ!



確かに、1000円以下でもチリワインは安定して美味しいので、

この結果をみると、デイリーワインとしての地位を確立したと言えますね!



JUGEMテーマ:クイズ・なぞなぞ・問題など
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインクイズ, 09:11
-, -
【ワインクイズ】なぜ、ワインは世界中で造られているのでしょう??
お酒の中でも、特にワインは世界各地で生産されています。

ヨーロッパはもちろん、南アフリカ、グルジア、ギリシャ、チリ、ニュージーランド、中国、日本などなど、

北半球、南半球問わず、ビールなど他の醸造酒と比較しても圧倒的に多くの国でワインが造られています。



これってなぜでしょう??



ひとつの理由に、キリスト教の世界的な拡がりが挙げられます。

聖書にもたびたび登場するワイン(葡萄酒)は、キリスト教と切っても切れないカンケイなのです。



それ以外に、もうひとつ、

ワインが世界中で造られる理由があります!!

ぶどうに関することなのですが分かりますか〜?



その答えは・・・



ぶどうが、やせた土地でも栽培できるから!



ぶどうは、適正な気温、日照量、水分が必要なものの、

やせた土地でもがんばってがんばって地中深くの栄養分を吸収するため、

比較的やせた土地の方が栽培に向いていると言われています。

ぶどう畑



だから、世界中でぶどうが栽培され、

ワインが造られているんですね〜。



それにしても、ぶどうがやせた土地向きだなんて意外ですよね!

やせた土地であれだけ甘い実を付けるだなんて、ホントにフシギ!!



JUGEMテーマ:ワイン
 
author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインクイズ, 23:10
-, -
【ワインクイズ】樹齢が高い樹と低い樹、どちらのぶどうが美味しいワインを造る?
JUGEMテーマ:ワイン


突然ですが、ワインクイズです!!



樹齢が低い(若い)樹のぶどうから造られたワインと

樹齢が高い樹のぶどうから造られたワイン、

どちらが美味しいでしょう??



正解は〜??



↓↓↓



樹齢の高い樹のぶどうから造られたワインです!



えっ?意外ですか??

そうですよね!

樹齢が若いピチピチした樹からできたぶどうの方が美味しそうなのですが・・・



違うんです、これが!



樹齢の高い樹はそもそも樹になるぶどうの房が少ないため、

成分が凝縮するのです。



例えば、ぶどうの樹が吸い上げた土壌からの養分が100だったとします。

若い樹は樹勢が強いので10房、樹齢の高い樹は5房しか生らなかったとしたら、

若い樹の1房あたりの養分は100/10=10 樹齢の高い樹は100/5=20となります。



このように、樹齢の高い樹の方が

ぶどう1房あたりのポテンシャルを持っているのです。



樹齢の高い樹のぶどうから造られたワインは、

「ヴィエイユ・ヴィーニュ(V.V)」と記され、

ランクがアップするんですよ!



ぶどうの樹も、ヒトも、歳を重ねると「味」が出るってことですね〜(笑)

author:おーみん(大西タカユキ), category:ワインクイズ, 22:59
-, -